BLESSING CHURCH INTERNATIONAL

カルト問題への対応

2022年9月6日

 「キリスト新聞社が1948年から発行する日本で唯一のキリスト教の総合年鑑」は「1989年版以降、旧統一教会の名前」を年鑑から削除しました。「実際、日本キリスト教協議会、日本福音連盟、日本カトリック教会など、プロテスタント、カトリックに関係なく、日本にあるほとんどの団体は、その当時すでに『統一協会はキリスト教会ではない』という趣旨の声明を出して」いたからです。つまり「キリスト教は1980年代中ごろには、その関係を “清算” できていた」と言われています(Yahoo ニュース 8/16(火) 17:15配信より)。
 そればかりか脱会支援を手掛ける牧師もおり、例えば谷口和一郎氏は牧師との対峙を経て旧統一協会を離れキリスト者になりました。その後「クリスチャンになってすぐ、所属教会の牧師の依頼もあって統一協会員の脱会活動を手伝うようになり、それを4年ほど続けた。100~200人ほど説得したと思う。やり方はシンプルで、「聖書」と「原理講論」を並べて、原理講論の聖書の引用がいかに文脈を無視したものであるかを説明していくというもの。それで何十人もの人が統一協会を辞めていった」と証言するように(キリスト新聞Sep 01,2022)、キリスト教会は被害者の救済に関わっています。
 「日本基督教団カルト問題連絡会」「カルト問題キリスト教連絡会」が相談窓口を設けています。一人で悩まず、気軽に相談しましょう。

x

お問い合わせ