BLESSING CHURCH INTERNATIONAL

ジャマイカは「問題ないで!」のほほんガールズ旅②嵐の海編

2021年5月11日

この日記はふわっとしたノリで行ったジャマイカ旅行日記の続編です。
「No Problem」というジャマイカ的キーワードとの出会いを綴っています。

空港に着いてそうそう、ぼったくられかけた、空港てんやわんや日記はこちら👇
ジャマイカは「問題ないで!」のほほんガールズ旅①空港編

騒動を終えてやっとホテルに到着!

泊まったのはジャマイカの第2の都市モンテゴベイにある、「Fdr Pebbles Resort」というところ。
外観もとってもかわいい✨
オール・インクルーシブといって、全部先払いしてあるのでレストランも売店も滞在中は食べ放題。
海辺に建てられているので眺めも最高、ほんまにリゾートや~☺

そうか!さっきの空港はまだリゾートではなかったよね。
ぼったくられかけたことは忘れよう!
ホテルについたら確かにここはリゾートで、安全なんだ!
と、気を取り直して最高に贅沢なビーチでのバケーションが始まりました☺
(※実際最後まで「治安の面では」安全に過ごすことができました。)

2度目のNo Problem

泳いだり、ビーチでお昼寝したり…そんな贅沢なバケーションの中で、またハプニングを通してあの言葉に出会います。

ある夜、ホテルのオプショナル・ツアーに参加したときのこと。
夜の海が幻想的に青い光で包まれるのを見に行くツアーだった…はず!!
正直ツアーが何の目的だったか覚えていないんです。

ボートに乗って海の真ん中に着くまでは意気揚々だったような。
しかし?…だんだん雲行きが怪しくなりました。

言っている間にみるみる大雨、いや土砂降り、
ドカーン!ってさらには雷が⚡😨

揺れる揺れる。
ボートは真っ暗な海のど真ん中に立ち往生
水も入ってくる。。。

やばい、やばい、と思っていたら

一緒に参加していたアメリカ人の小さな娘が大泣き。
大泣きはだんだん悲鳴になり、
さらにはその母親がすごく取り乱して運転士に叫びだす。

「どうしてくれるの?!はやく引き返しなさいよ!このままじゃ遭難してしまうじゃないの!!」
(日本語吹き替え版だと多分こんな感じ。)
その目は悲壮そのもの。
ほんとに映画のワンシーンのように…

しかしガイドさん「大丈夫だよ~大丈夫~No Problem」
(もしやジャマイカ人の口癖はNo problemなのかと気づき始める)

ボートが揺れるたびに、母娘の叫び声「ギャァァァーーーー!」

(叫び声の方がこわいよ)

(どんどん私もこわくなってきたよ)

しかしガイドさん「ノープロブレーーームノープロブレーム」アゲイン。

大雨嵐の音の中、ドラマチックな叫び声と、だんだん小さく響く「のーぷろぶれーむ・・・」を聞きながら…
何とか耐え忍んで祈るばかりな我々ガールズ。

小一時間くらいはそうしていた気がします。

(私たち一体どうなるんだろう…遭難するんじゃないか?
あ、そういえば親にジャマイカ行くって言ってない😨)

最悪の想像がどんどん膨らんできた頃

なんとだんだん天気が静まってきてボートが安定してきました!

泣きじゃくる母娘が陸への操縦をせかしつつ
ガイドは「No problem」言い続けつつ、

気づいたら、無事に陸にいました!!

どうやって帰ったか全く覚えていません。笑
とにかく安堵して、ガールズで抱き合った!

そして、ドッ・・・っと、疲れた・・・・・・。

いや~
本当にこれで人生終わっちゃうかと、そのくらい、こわかったです。

「No problem」が響く度

心の中では「どこがやねん!」って思っていました。

でもですね、あの叫び声の中、ガイドさんまで悲壮になっていたらきっと精神がもたなかった!

だからNo problem精神でいてくれて、本当にありがとうガイドさん!!



ところで何のツアーだったんだっけ…と思いながら憔悴しきってこの日は終了。

明日は最終日。また思いがけずNo Problemの世界に浸るハプニングが起きます。じゃまいか日記③へつづく。

x

お問い合わせ