BLESSING CHURCH INTERNATIONAL

『エージェント・オブ・シールド season 1』
キネマな時間ep.18

2020年12月30日

  みなさんお久しぶりです~(^o^)
もうすぐ今年も終わってしまいますが、いかがお過ごしでしょうか~
コロナもまだなかなか収まらず、あまり外出できなくてイライラしたり、鬱憤が溜まったりしてませんか?


  そんなときは、ぜひとも映画をご覧なすってはいかがですかぃ!?(≧▽≦)
  今巷では『鬼滅の刃 無限列車編』が興行収入324億円を突破し、『千と千尋の神隠し』を越え日本歴代一位になりました!!

煉獄さんの力は凄まじいですな 笑


  というわけで、今回の映画はこれ!!!
『エージェント・オブ・シールド season1』\(^o^)/

エージェント・オブ・シールド season1


  僕はタイムリーな映画のことは書きません 笑
あくまで、マイウェイを突っ走りたいと思います≡≡┌(°▽°)┘
(ちなみに『鬼滅の刃 無限列車編』については、以前urasanが書いてくれたので、気になる方はこちらを)


  エージェント・オブ・シールドは実は映画ではなく、ドラマです。
これまで紹介してきたMCU映画に登場した、シールドのエージェントであるコールソンを中心としたチームが、
シールドにしか解決できないような問題や事件を追っていく、というストーリーです。

  今年の夏にシリーズが完結し、season7まであり、1seasonあたり約22話あります(^o^)
  これまたMCUの映画以上に長い道のりですが、ドラマという特性を活かし、
1話ずつサブストーリーを解決しつつ、1seasonを通して大きなメインストーリーを追っていく...という形が取られています。

  それゆえ飽きることなく、むしろ続きが気になってどんどん見てしまうという、恐ろしい海外ドラマMagicなのです 笑


  もちろんこのドラマだけでも十分楽しめますが、MCUの映画の内容や、登場人物も絡んだりしてくるので、映画も見ているとよりいっそう楽しめます!!!!!(≧▽≦)

エージェント・オブ・シールド season 1


  宇宙からの侵略をアベンジャーズが食い止めた「ニューヨーク決戦」。(映画『アベンジャーズ』)

  それにより地球外の脅威や、不思議な力を持った存在がいることが世界中に知れ渡りました。
ニューヨーク決戦時、ロキの攻撃により命を落としたフィル・コールソン(クラーク・グレッグ)
  しかし、彼は実は生きておりフューリー長官(サミュエル・L・ジャクソン)直々に新たな任務を任されていました。

  アベンジャーズが表立って地球を守るその裏で、様々な脅威から人々を守るため、新たなチームを作り秘密裏に戦う。
  キャプテン・アメリカやアイアンマンのような超人ではないものの、それぞれが特別な技能(スキル)を持ったメンバーと共に、暗躍する組織や力に立ち向かっていくことになります。

別に女の人がめちゃくちゃ重い
というわけではありません


  隠された情報や真実を暴くことを正義とするハッキング集団「ライジング・タイド」に所属する天才ハッカーのスカイ(クロエ・ベネット)
潜入、爆弾の対処、あらゆる戦闘技術に長けたウォード(ブレット・ダルトン)
現場を離れていたものの、元凄腕のエージェントでパイロット、そして「騎兵隊」の異名を持つメイ(ミン・ナ・ウェン)
兵器と機械開発の天才フィッツ(イアン・デ・カーステッカー)と生物学と医療の天才シモンズ(エリザベス・ヘンストリッジ)

上段左から:コールソン、スカイ
下段左から:ウォード、メイ、シモンズとフィッツ

  一筋縄ではいかないメンバーと衝突を繰り返しながら、次第に仲間の絆を強め、世界の裏に蔓延る闇と戦いを繰り広げていきます。


真実とは何か...
何を信じるべきなのか...
覆される正義...


  事件を追ううちに、予想だにしなかった世界に巻き込まれていくチーム...
チームの行く末はいかに。

映画を観てみて

  感想は一言。
面白い!!!(≧▽≦)

  アベンジャーズのような、ヒーロー(超人)が悪者をバッタバタ倒していくような派手さはありませんが、
普通の人たちならではの戦略や、知恵、敵との思考の読み合いなど~~

また別の面白さがこのドラマにはあります(^o^)
(普通の人と書きましたが、みんな普通ではありません 笑)


  一癖も二癖もあるチームのメンバーが、ぶつかりながらも互いを認め合い、ありふれた普通の人間で構成されたチームだからこそ、お互いの足りない部分を補い合う

そんなカッコよく、カッコよすぎるチームが描かれています!!

  
  そして、アベンジャーズでは仕事に忠実で、まるで機械かのような冷めたイメージがあったコールソンですが、
今作ではとても人情深く、部下思いで、命をとても大切にする熱い人物であることがわかります(^o^)

    人の命がかかると、組織のいちエージェントという立場でありながらも、堂々と上層部や組織自体とも戦う
そんな男気溢れるコールソンのファンに、この作品を見ればなってしまうこと間違いなしです!!!(≧▽≦)

ちょっと髪の毛が少なくて、はげてるように感じるおじさんなのに、めっちゃカッコいいんです!?笑


  そしてそして、物語が進むにつれて、彼自身も知らないコールソンの秘密が明らかになっていきます…
そのハラハラドキドキも、たーーまりませんなぁ~~(^o^)


  また、このチーム自体にもとても心が惹き付けられます。

  このチームのメンバー全員が、それぞれ痛みや孤独、悩みを抱えています。
  他人には理解し得ない秘密や、生い立ち、経験など

それが元で他人と本当に打ち解け合うことができない、そんな人たちが1つのチームとなりました。
  しかし、人とは違う個性や経験があるからこそ、誰かの必要を補えると気づき、彼らは人を拒絶して自分の殻に籠ることを選ばず、
自分にしかない個性を誰かのために使い、そしてお互いに高め合うことができたんだと思います(^_^)

力を合わせてがんばるぞ~~


個人主義が強くなっていく時代の中で、こういう人との関わりの方、そして自分との向き合い方は素敵だな~と感じました。


 誰かがいるから、がんばれる
誰かのためだから、がんばれる
そんな人との関わり方をしたいですね(^o^)

あと、このチームを見てると、変わった人だと言われてもいいんだ!!と、開き直れる勇気ももらえる気がします 笑


みなさんもぜひぜひ、『エージェント・オブ・シールド』をみて、このチームの素晴らしさと、このドラマのドキドキ感を味わってみてください(≧▽≦)

あぁ...全シーズン全部見たい...(°▽°)

x

お問い合わせ