BLESSING CHURCH INTERNATIONAL

キネマな時間 ep.6アベンジャーズ

2019年12月23日

どーも、どーもどーも(^o^)
  12月にもなって、イルミネーションが綺麗で素敵な雰囲気がただよう季節になってきましたね~~
そんなときでも変わらず眠たい、Blessing Churchの冬眠担当のhiruneです(^o^)>

  クリスマスな雰囲気がただよう中、紹介したい映画はこちら!!

アベンジャーズ』です~~(≧▽≦)

  クリスマスっぽい映画を紹介すると思ったでしょう~~~笑
僕はマイウェイを突っ走って、好きな映画を紹介していくのみであります!!

  しかし、ついに『アベンジャーズ』まで来ましたね~~

好きな映画だからというのもありますが、今年の春に『アベンジャーズ エンドゲーム』が公開され、アベンジャーズの戦いがひとまず完結した今、MCUの映画を最初から紹介しているのには、実は他にも理由かあるのです

  それは『エンドゲーム』の中で、これまでのMCU映画のシーンやキャラクターなどがいっぱい出てくるからです(^o^)
  なので、最初から観ることによって、より深く、『エンドゲーム』も楽しもうではないか~という算段なのです( ̄ー ̄)

アベンジャーズ

  約70年の氷浸けの眠りから目覚めたスティーブ・ロジャース(クリス・エヴァンス)。
彼は、自分の時代と現代との違いに戸惑いながらも、ニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)の誘いの下、S.H.I.E.L.Dに所属し生きていくことになります。

  S.H.I.E.L.Dの研究所では、生前ハワード・スタークが海底から回収した「四次元キューブ」の研究が、セルヴィグ博士によって行われていました。
未知の力と動力により動く四次元キューブ。
研究により、それは地球と別の空間とをつなぐ道であり、鍵であることが判明しました。

  その実験中、突如キューブによってゲートが開き、なんとその中からロキ(トム・ヒドルストン)が姿を現したのです。
  ロキによってS.H.I.E.L.Dの研究所と本部は破壊され、 ロキの持つ杖の力のせいでセルヴィグ博士とホークアイ/クリント・バートン(ジェレミー・レナー)が敵に回ってしまいます...

 

  ロキに持ち去られたキューブと、連れ去られ仲間を取り戻すため
フューリーは以前から進めていた「アベンジャーズ計画」を実行に移します。

  「アベンジャーズ計画」とは、未曾有の危機や人々の生命を脅かすあらゆる勢力と戦うために、いわゆる"スーパーヒーロー"と呼ばれる者たちのチームを作る、というものでした。

  そして召集されたのが、アイアンマン/トニー・スターク(ロバート・ダウニーJr)
キャプテン・アメリカ/スティーブ・ロジャース、アスガルドのソー(クリス・ヘムズワース)
ハルク/ブルース・バナー(マーク・ラファロ)、そしてS.H.I.E.L.Dのエージェントでもあるブラックウィドウ/ナターシャ・ロマノフ(スカーレット・ヨハンソン)でした。

  ヒーロー達が集まり始めた矢先、ロキがドイツに姿を現し、人々の前で「自分が地球の王となる」と宣言します。
しかし、駆けつけたアイアンマンとキャプテンによりロキはあっけなく捕縛されることに...

  あらたなS.H.I.E.L.Dの本部でロキを拘束し尋問しつつ、同時にキューブの在りかも探るなか、
トニーたちはフューリーが何のためにキューブの研究をしていたのか?という疑念を抱きはじめます。

  もともと、それぞれが常人離れした能力があるためか、堅く「個」を持ち一人一人が主張を曲げず、互いに反発し合いなかなか1つになれないヒーローたち...
  それに呼応するかのように、ロキの策略によって操られたバートンたちが本部を襲撃。
  精神的にも実際的にも、ロキの思惑通り、ヒーローたちはバラバラになってしまいます...

そして時を同じくして、ニューヨークの街には、ロキが地球を支配するために異世界から呼び出した軍隊チタウリが襲来。

上:チタウリの兵隊/下:なんかデッカイやつ

ニューヨークの街が破壊されていくなか、果たしてヒーローたちは1つとなり、地球を守ることができるのでしょうか...

 

映画を観てみて

ふぅ~~~(^o^)
ハラハラドキドキが止まりませんな~~~~笑

  若干キャラクターが多くて情報処理が大変な部分がありますが、それを差し引いてもとにかく楽しい映画です!!
アクションシーンはもちろんこと、ヒーローそれぞれの頑固さや個性、ユーモアの色などなど、さまざまな見どころがあります(*´∀`)

  特にアクションシーンでは、ヒーローたちの息の合ったコンビネーション攻撃!!

 

キャプテンの盾の反射を使っカッコよすぎる攻撃

 

二大マッチョの共演

  思わずヒャッホーーーイ!!と叫びたくなります(^o^)
(※実際に叫ぶ際は、時間・近隣住民など考慮した上でお叫びください)

 

  そして個人的に感じたことは、たとえどんなすごい能力を持っていて、偉大な人だったとしても、人は決して一人では戦い、生き抜いていくことはできないのではないか...?ということです。

  弱い部分や足りない部分があったとしても、誰かと力を合わせ支え合うことでより大きな、そして力強いものとなり、
どんな困難にも立ち向かっていくことができるような気がします(^o^)

  大切な仲間や家族であったり、本当の自分をさらけ出せ、背中を預けることができる存在、
きっとそんな人が誰にも必要で、そして誰にでもいるんじゃないでしょうか(*^^*)

 

アベンジャーズ全員集合~~

そんな人との繋がりの大切さや温かさを、この映画を通して感じてもらえたら、涙がチョチョ切れるくらい幸いです~~笑

  そして、もう1つ...スリリングな展開が続く中で、キャプテンのスーツの全身タイツ感がちょっとダサいというか、面白いというか、いい意味でこの映画の息抜きになっているような気もします 笑

 

  ちなみに、MCUの映画にはフェイズというものがあります。
いうなれば、海外ドラマの「シーズン◯◯」みたいなやつです(^_^)

  今回の『アベンジャーズ』で、フェイズ1は無事終わりです!!
これまで公開されているMCU映画は、フェイズ3の終わりまであって(大体30作品くらい)まだまだ先は長いですが、
ぜひとも『アベンジャーズ』を含め、MCU映画をご覧くださいませ~~(≧▽≦)

x

お問い合わせ