BLESSING CHURCH INTERNATIONAL

キネマな時間 ep.5キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー

BLESSING CHURCH INTERNATIONAL

キネマな時間 ep.5キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー

2019年10月12日

  みなさん、ヤッホー(^o^)/
涼しくなってテンションが怪しくなってきた、
Blessing Churchの睡眠担当、hiruneです~
今回は芸術の秋ということで…!?
MCU(マーベルシネマティックユニバース)の映画を紹介します(≧▽≦)
僕にいちいちツッこんでたらキリがないので、諦めてください 笑

  今回は僕がMCUの中で一番好きなキャラクターの作品でもある、
『キャプテン・アメリカ/ ザ・ファースト・アベンジャー』です!!

『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』 (2011)

キャプテン・アメリカ
ザ・ファースト・アベンジャー

  時代は第二次世界対戦の真っただ中…
ブルックリン生まれの一人のひ弱な青年がいました。
彼の名はスティーブ・ロジャース(クリス・エヴァンス)

  スティーブは正義感が人一倍強く、どんなに困難で挑むことが無謀に見えても、諦めず必ず最後まで立ち向かう、そんな「強さ」を持った青年でした。
友人や周りの人たちが、国や人々を守るために戦っている中、
もちろんスティーブも同じように、兵士として戦いと願っていました。

  しかし、スティーブの体は戦うには小さく、弱すぎました。
軍に入るテストすら受けることも許されない、そんな希望を失うような状況でさえも、彼は絶対に諦めず、前を向き続けました。

体は細く、弱くても心は強いスティーブ

  そんなある日、軍所属の科学者である アースキン博士(スタンリー・トゥッチ) に、その「強さ」を見初められ、軍に入隊することになります。
  訓練では、周りの兵士たちに着いて行けずバカにされたり、上官にさえも叱咤されました。
それでもスティーブは、決して挫けず、ただひたすらに前を向き続けます。

  そんな彼を見たフィリップ大佐(トミー・リー・ジョーンズ)は、スティーブをテストします。
スティーブを含む兵士が多数いる中に、なんと手榴弾を投げ込んだのです!?
   驚きと恐怖で一目散に逃げ出す兵士たちでしたが、スティーブだけは違いました。
彼は爆発でみんなに被害がいかないよう、自分の体で手榴弾を覆って、盾となったのです。
   恐怖に負けず、自分を犠牲にしてまでみんなを守ろうとするその屈強な心と勇気を、大佐も認め、
スティーブをある計画に採用することに決めます。

  元ドイツのナチスに属していたヒドラという組織。
そのリーダーでレッドスカルと呼ばれるヨハン・シュミット(ヒューゴ・ウィーヴィング)は、その野心ゆえにナチスを離れ、独自に戦争を続け、また次々と侵略を行っていました。
それを食い止めるために発案されたのが、スーパーソルジャー(超人兵士)計画でした。

見るからに悪役のシュミット

  かくしてスティーブはその計画を了承し、超人となる実験を受けることに。
実験の結果、以前とは見違える強靭な肉体と、常人の約6倍もの代謝により、受けた傷もすぐに治るという、まさに超人といえる体を手に入れました。
そして、アメリカを代表するヒーローとしてのリーダー(兵士の)
キャプテン・アメリカ」となりました。
  最初はただ単なるマスコットキャラのような存在でしたが、
戦場で戦う兵士を助けるため、実際に自ら戦場に向かい、彼らと共に戦う道を選びます。
仲間を励まし、またどんな状況でも希望を持って諦めない姿に、
次第に兵士たちも彼を信頼し、キャプテンに着いていくようになります。

爆走、筋肉スティーブ

  果たして、破壊と侵略を繰り返し続けるヒドラの野望を、
キャプテンは無事止めることができるのでしょうか…

映画を観てみて

  久しぶりにめっちゃ長く書いてしまいました 笑
書きたいことが多すぎて~(*´∀`)

  今作の魅力はなんと言っても~~~
キャプテンです!!
ひたむきに信じる正義のために戦い続け、決して希望を失わない姿、そしてスティーブの人間性に惚れてしまいそうです 笑
  そして、キャプテンの象徴とも言える武器、星のマークが施された盾を使った戦闘や、肉弾戦のアクションシーンもとてもワクワクするものになっています(^o^)

物理の法則をいろいろ無視して
シールドを投げるナイスガイ

…しかし、個人的には少しモヤモヤする部分があります。
それは戦うことにおいて、
相手が悪者だからと言って、躊躇なく銃で撃ったり、倒してしまう…
それは本当の意味で、正義と言えるのだろうか…と(^_^;)
改めて正義とは何か、人としての正しさとは何か、と考えさせられる機会にもなりました。

  また、もう少しスティーブの心の内を描写するシーンが欲しかったな~と思いました(^_^;)
キャプテン・アメリカとしていなければいけない故に、本当のスティーブの心の弱さや痛みを抑えて戦っているようにも感じたり...などなど(^_^)


  少し真面目に書いてしまいました<(^o^)
今作にはなんと、トニー・スタークの父、若かりし頃のハワードが出てきます~
しかも割りと重要な役割で~
最初から順番にMCUの映画を観ていると、こういうサプライズ的な楽しみがあるから良いですよね 笑


  そして、恒例のエンドクレジット後の特別映像では
ついに、『アベンジャーズ』へと繋がります…!?
うぉぉぉぉぉお!!!!
ワクワクすっぞ~~~~(≧▽≦)


 『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』
ぜひぜひ、ご覧ください(^o^)

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー (字幕/吹替) - Joe Johnston

x

お問い合わせ