Member's Blog メンバーブログ

漫画探訪 part.1 鬼滅の刃

みなさま、こんにちは。urasanです。新しいシリーズ漫画探訪を始めようと思います。更新ペースは遅いかもしれませんが、個人的に気になる漫画シリーズをレビューしていこうと思います。

第1回目は最近人気の「鬼滅の刃」です。週刊少年ジャンプで連載中の漫画です。アニメ化もされ、アニメがきっかけで爆発的な人気漫画となりました。アニメの主題歌「紅蓮華」も大ヒットし、主題歌を歌うLiSAさんは紅白歌合戦にも出場しました。

ストーリー

主人公の竈門炭治郎(かまどたんじろう)は心優しい少年でした。ある日炭を売りに山から町まで下りて帰ってくると家族が惨殺され、妹の鼠豆子(ねずこ)は鬼にされていました。鬼は人に血を求めて人間を食べる生き物で人間を食べなければ生きていけない生き物です。そして日光を浴びると死んでしまうという性質を持っています。炭治郎は鬼となった妹をなんとか人間に戻そうと旅に出ます。そこで鬼狩りという鬼を退治する組織、鬼殺隊に出会い自らも鬼殺隊となって鬼と戦い妹を人間に戻す道を探るという物語です。

鬼、悲しき生き物

鬼は常に悪者として描かれますが、闘いの中でなぜ鬼となったのか?そのいきさつも描かれます。社会が抱える理不尽や人の悲しみ、痛み、苦しみ。そういった感情が人を鬼へと変化させるきっかけになっています。そして人を鬼へと変化させることのできる鬼、鬼の祖、鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)に出会い人々は鬼と化していきます。鬼が鬼殺隊に殺されていくなかで昔、人間だった頃の記憶を思い出し、その頃の悲しみや痛みから解放されていく様も描かれていることがこのマンガの最大の魅力でしょう。鬼がただ悪としてだけ描かれているのではなく、鬼の心の奥にある物語に焦点を当てたことに感動しました。

主人公、炭治郎のすべてを包むやさしさ

主人公の炭治郎はどこまでも優しく、鬼に対してさへやさしさを見せます。鬼がかつて人間だったことを知っている炭治郎は鬼を殺すことさえ躊躇します。その優しさが次第に鬼の心を溶かしていきます。優しさは巡りめぐって自分に返ってくる。

映画も公開!

春には映画も公開されます!気になる方は見に行ってみてはいかがでしょうか。

鬼滅の刃 アニメ公式サイト

Social Media Icons

Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram