Member's Blog メンバーブログ

キネマな時間 ep.1
アイアンマン

どーも、こんにちは(^o^)
映画にゲーム、マンガ、アニメなどなど…
オタクっぽい趣味が多いhiruneです〜
そんな僕の趣味の一つである映画を、少しずつ紹介していけたらな〜と思っている次第であります 笑

第一回目は…

まず記念すべき第一回目は、『アイアンマン』(2008)です!!

『アイアンマン』(2008)

もう紹介されたり、紹介されなくても知ってるわ!?っていう映画ですが、
あえて紹介したいと思います(^o^)
よければお付き合いください〜〜

『アイアンマン』(2008)は今もヒット作を出し続けている、マーベルシネマティックユニバース(以下MCU)の記念すべき第一作目です!!
MCUの映画では、アイアンマンのように単体のヒーローが活躍する作品が多数あり、
それぞれの作品のストーリーの集大成として、『アベンジャーズ』という作品につながります。
そのためMCUの映画を全部見ようと思えば、かなりの時間と労力を費やしてしまいます 笑
 各ヒーローの単体作品だけを見たり、アベンジャーズの映画のみを見るだけも十分楽しめますが
順番に作品を見ていくことで、細かなストーリーのつながりや、様々な伏線をより楽しむことができるのです!!(>ω<)
 何度も言いますが、その作業はかなりの時間と労力が必要になりますので、あしからず… 笑
 しかし、それでも楽しめる価値があるのでは〜と僕は思っております。

長くなりましたが、ようやく『アイアンマン』の話を… 笑

アイアンマン

 主人公は、いいかげんでプレイボーイ、自由気ままな性格なトニー・スターク(ロバート・ダウニーJr.)しかし、そんな性格とは裏腹に、天才エンジニアであり、天才実業家でもあります。
彼の経営する会社は、父親から引き継いだ武器製造・販売会社であるスタークインダストリー
その販売先は主にアメリカ国軍でした。
 そのアメリカ国軍への新しい兵器のプレゼンの帰り道、トニーはテロリスト達に襲われてしまいます。

 なんとか一命を取り留めたトニーですが、目を覚ましたのはテロリスト達の居城…
そして、そこには自身の会社で作られた大量の武器と兵器がありました。
トニーは命かながら、テロリスト達から逃げ延びます。
 アメリカに帰ったトニーは、自身の会社で武器と兵器の製造・販売を辞めることを決めます。
 自分の命を守るために命を落としていったたくさんのアメリカ軍兵士たち、
また自らも命を失いかけ、
しかもその命を奪う行為や、破壊行為に自身の造った武器や兵器が使われている…
 トニー自身も今まで考えたこともなかったその現実を目の当たりにし、
彼は、自分の本当にすべきことは何か…
深く考えるようになります。

 そして、考え抜いた末に辿り着いた答えが、「アイアンマン」でした。
自らが鋼鉄のスーツを着、罪のない人たちを破壊や殺戮から守るために、
テロリストに使われている兵器を次々と破壊していきます。
兵器によってではなく、自分自身がテロリストなどに対する" 抑止力"となることを決めたのです。

トニーの中にも、本当にこれが正しいことなのか…?という迷いもありました。
 しかし、今まで自分の楽しみや欲望のためだけに生きてきたトニーは、
目の前で消えていく命や、自分の造ったもので罪もない人々の平安が脅かされていることを自分の目で見、
自分に与えられた才能や力を、何かを守るために使うことを決意し、戦っていくことになります。

映画を観てみて

 映画として、CGもすごいですし、何も考えなくても楽しく観れる映画ですが、
主人公やそれに関わる人たちの心や信念などなど、色々考えながら観ても面白い映画だと思います(^o^)
 アイアンマンとして戦っていくことを決意し、心を入れ変えたトニー
しかし、性格や態度は以前と同じ、いいかげんでプレイボーイ、自由気ままで変わっていません 笑
 しかし、表情や仕草、言葉の隅々にトニーの不安や心細さなどが見え隠れしていて、
弱い自分を見せれないから、以前と同じ自分を演じているのかな?
 と、繊細で人間らしいトニーが個人的には好きです 笑
また、自分に与えられているものを、何のために使うのか…自分と照らし合わせても、非常に考えさせられるような気もします(^_^)

長くなってしまいましたが、みなさんもぜひぜひ『アイアンマン』を一度ご覧ください(*^^*)

アイアンマン (吹替版) - Jon Favreau

アイアンマン (字幕版) - Jon Favreau

Social Media Icons

Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram